SecondLife通貨の換金システム・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドライフ通貨の換金システム


セカンドライフ(Second Life)内では、専用の通貨リンデンドル(Linden Dollar・L$)が発行されており、現実通貨のアメリカドル(US$)と換金が可能。


時価によって交換レートは上下するが、平均1US$=270~300L$程度。Second Life公式サイトや、各種マーケットサイト等から換金できる。

現在の米セカンドライフでは、運営するリンデンラボが仮想通貨と米ドルを両替しているが、今後の日本語版サービスをにらんで、システム構築のジップサービスは独自にリンデンドルと日本円の両替サービスを始めている。

現在ではセカンドライフ用のATMまでもが存在している

また、日本企業の、例えば一部の都市銀行は今後の会員数増加を見込み、日本円へ換金するサービスを調査中とのこと。

4月予定の日本語版になれば、直接日本の銀行への振込みが可能になるかもしれない。
スポンサーサイト
Copyright © Second Lifeとは MMOセカンドライフ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。