Second Lifeでの稼ぎ方・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

secondo life無料会員の小銭稼ぎ


「Money Tree(マネー・ツリー)」という「お金のなる木」がセカンドライフ内にある。木を触るとお金が手に入る仕組み。ただ、初心者用のため、登録から30日以内のみとなっている。

「Dance Pad(ダンスパッド)」というダンスホール内の場所で踊れば金がもらえる。10分で2リンデンドルくらい。

そのほかにも、「champ」という、ただ座っているだけで数十分ごとに数リンデンドルもらえるといった仕組みも一部である。ただ、いずれももらえるリンデンドルは小額。
スポンサーサイト

セカンドライフ(secondo life)での稼ぎ方


セカンドライフ内でアルバイトをして(様々なアルバイト有)リンデン$を稼ぐ

所々にあるスポットでダンスをして稼ぐ(20分5リンデンドルなど)

セカンドライフ内の土地を購入し、転売して利ざやで稼ぐ(不動産売買)

同じく土地を購入、または借地し、魅力的な街を作り、他の住民に貸す(不動産貸付)

アバター用のアイテム(Tシャツやサングラスなど何でも)を作成し、販売する

デベロッパー インセンティブ プログラムというものがあり、これはリンデン ラボ社が収益の一部を会員に還元するもので、Dwell (他の住民から訪問を受けた時間数) を基準に、Second Life でもっとも優秀な住民に与えられる


この他いろいろと可能性は無限にある。

2006年12月26日付け日経新聞によれば、低価格で購入した土地を魅力的な街にして貸し出し、セカンドライフ内で億万長者になった者もいるのだという。


登録者が増加したことで土地の値上がりが続き、いまでは(現実世界の通貨で)数十万円相当になってきているという。

関連記事
http://news.livedoor.com/trackback/3061633


Copyright © Second Lifeとは MMOセカンドライフ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。