セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク、「セカンドライフ」で携帯販促


ソフトバンクモバイルは2007年4月12日、米リンデン・ラボが提供するオンライン上の仮想世界サービス「セカンドライフ」で、サムスン電子と共同で携帯電話のプロモーションを始めた。

通信業界は参入が早いと思ったが、意外であった。
様子見をしていたのであろうか?

続きを読む
スポンサーサイト

「美人コンテスト」にコスプレ セカンドライフでイベントが人気


コンサートから美人コンテストまで――米リンデン・ラボが提供するネット上の3次元仮想世界「セカンドライフ(Second Life)」ではイベントが盛んだ。

MMORPGではゲーム上「クエスト」なるイベントが勝手に発生するが、このSecond Life内ではそういったものがないため、各企業や個人が始めるのであろう。 続きを読む

バーチャル世界の金儲けは成功するのか?


利益になることはわかった。しかし、「乗り遅れるな」とメディアが煽り、名前を耳にしない日はないぐらい大騒ぎされているセカンドライフだが、全世界で約400万人という数字は、2007年1月にユーザー数800万人を突破した国内最大手SNS「mixi」に比べても、実は見劣りする数字だ。ビジネスとしての成果を出すにには、まだ母数となるユーザーが少ない。

世界各国、英語圏の国は多いのに、やはり少なすぎるといわざるをえない。
ゲームとしてのおもしろみにも欠け、金儲けもしにくいとなればこのぐらいのものであろうか。 続きを読む

Second Life、カジノ宣伝活動を完全禁止に


米Linden Labは5日(米国時間)、同社が運営する仮想空間「Second Life」の公式ブログにてSecond Life(セカンドライフ)内のカジノについてのコメントを発表した。

ログインして散策してみると、カジノの広告が多いことに気づく。
ギャンブルにはまる客が、あまりにも目に余ったのであろう。
続きを読む

「セカンドライフ」が10倍楽しくなる 「ソラマメブログ」で情報をゲット


初心者向けに情報発信できるポータルサイトがオープン。
慣れないうちからも、また、慣れてからも活用できそうである。

シーポイントとジェイ・ラインは、メタバーズと共同で、セカンドライフ専用の無料ブログ作成ポータルサイト「SLMame(ソラマメ)」をオープンしたことを、3月26日に発表した。 続きを読む

ネットエイジ、「セカンドライフ」活用事業を支援


ネットベンチャーへの投資事業を展開するネットエイジグループは2007年3月28日、3次元仮想空間「セカンドライフ(Second Life)」を活用した事業の支援を始めると発表した。

ここなどは、企業や個人起業家がセコンドライフ内で商売するのを手助けし、また、両替なども行う。それによって手数料を得るという、銀行のような展開を狙っているのかもしれない。 続きを読む

セシールが「セカンドライフ」に出店、カタログや商品を展開


カタログ通販大手のセシールは、世界最大のオンライン・バーチャルワールドとして注目されている「セカンドライフ」に出店したことを3月26日に発表した。

インターネット環境で普通に通信販売しているのだからここに入るのは当然の成り行きか。
二次元でやっていたものが三次元になるのであるが、客の方は、写真で見ていた商品が立体で見ることができるのだろうか?

続きを読む

この春はセカンドライフ・デビュー


目指すは一攫千金? 優雅な生活? セカンドライフ通になろう!
今まで「セカンドライフ」というと、リタイアした会社員が心機一転して始める"第二の人生"の意味で使われることがほとんどだったが、最近急速に変わり始めているのをご存知だろうか?


普通に考えればそうである。
まだまだ認知度が低いため、検索しても「第二の人生」のブログやHPが多く表示される。 続きを読む

セカンドライフを楽しむための必要スペック


最低環境

Windows

グラフィックカード  nVidia Geforce 2 / GeForce 4mx 以上
           または ATI Radeon 8500 / 9250 以上
CPU         Pentium III 800MHz / Athlon 以上
メモリ        256MB 以上
OS          Windows XP (SP2)/2000 (SP4)
インターネット接続  ブロードバンド (DSL/ケーブルモデム)
その他        DirectX 8 または 9

Mac

グラフィックカード  nVidia Geforce2/GeForce4mx 以上
           または ATI Radeon 8500/9250 以上
CPU G4 1GHz 以上
メモリ 512 MB
OS Mac OS 10.3.8 以降
インターネット接続 ブロードバンド (DSL/ケーブルモデム)

推奨スペック

Windows

グラフィックカード nVidia GeforceFX5600/Geforce6600 以上
または ATI Radeon 9600/X600 以上
CPU Pentium4 1.6GHz/Athlon2000+ 以上
メモリ 512MB 以上
OS Windows XP (SP2)/2000 (SP4)
インターネット接続 ブロードバンド (DSL/ケーブルモデム)
その他 DirectX 8 または 9

Mac

グラフィックカード nVidia GeforceFX5600/Geforce6600 以上
または ATI Radeon 9600/X600 以上
CPU G4 1.25GHz 以上
メモリ 768 MB
OS Mac OS 10.4.3 以降
インターネット接続 ブロードバンド (DSL/ケーブルモデム)

公式サイトでは以上のようなスペックが必要となっている
他の3DFPSアクション系ゲームと同じくビデオカード(VGAカード)が主体になると思われる。

現在、最低スペックを満たしていても、今後このタイプのSNSが増えること、また、Windows Vista のAeroに対応させるためにもこの際ビデオカードを見直すよい機会かもしれない。


セカンドライフの基本的な操作方法


セカンドライフを立ち上げて、自分のキャラが最初に登場する島(Orientation Island Public)の矢印に沿って移動すると操作方法を学習できるポイントにたどり着く。各ポイントで「Click Me」と書かれた部分をクリックすると操作についての説明が表示される。

基本操作は以下のとおり

Wで前進
Sで後退
Aで左回転
Dで右回転
ShiftとAを同時に押すと左平行移動
ShiftとDを同時に押すと右平行移動

飛ぶには画面下中央のFLYというタブをクリック

また、他の地域や建物にピンポイントで移動する方法は、検索窓に場所、地名を入力することで一瞬にして移動できる
なお、現在の位置座標を記録しておくと元の場所に帰るのが楽になる

FSP3Dアクション系のゲームとほぼ同じキー操作となっているので
ゲーマーにはとっつきやすいかもしれない。
Copyright © Second Lifeとは MMOセカンドライフ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。