『セカンドライフ(Second Life)』の日本語版、まもなく公開・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『セカンドライフ(Second Life)』の日本語版、まもなく公開


経済的な取引が活発なのも『セカンドライフ』の特徴のひとつ。ゲーム内通貨「Linden」はアメリカの本物の通貨との相互交換が可能で、現実さながらの商取引が行われる。さらにゲーム内ではデザイナブルなアイテムやプログラム、ソフトウェアまでもが販売されている。これらの「商品」はゲーム内だけでなく、ゲームの外部ででもインターネットショップを通じて取引が活発に行われ、場を盛り上げている。運営側も最初からキャッシュのやり取りを前提にゲームを構築しているだけでなく、奨励もしている(トップページには直近24時間以内に消費された米ドルの額が表示されているくらいだ)。もちろんセキュリティなどには十分以上の注意を払っている。

最初から換金奨励とは、新たにネットビジネスを立ち上げようという考えに基づいている。明らかにゲームとは一線を画しているが、会員を増やすためにMMORPG形式をとったのであろう。
日本語版の紹介ページでは英語部分のメッセージがいくつか見られるところを見ると、「まもなく公開」という表記はあれども実際には日本語版の公開は先であると思われる。また、料金体系がアメリカドル・クレジットカード支払いだけしかないなど、日本国内で出回っている日本発の同様のゲームと比べると、現時点では不便な点も多い。

日本企業もこの換金システムに興味を持っており、その調整でセカンドライフ日本語版が遅れているのではないか?


(引用:Garbagenews.com
Copyright © Second Lifeとは MMOセカンドライフ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。