セカンドライフへのビジネス創造の期待・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドライフへのビジネス創造の期待


一層洗練されたサーバービジネスでもあるという「セカンドライフ」は、またネットワーク領域にも大きな需要を喚起する。実際にアクセスしてみると分かるが、建物などの街並みやそのインテリア、さらに行き交う人々や音楽などはすべてネットワークを経由して送られてくる。つまり、快適に楽しむにはかなり高速の回線が必要になる。

このことから考えると、光回線などの遅れている国にセカンドライフが登場すれば、急速にインターネット回線が普及する。
加えて、利用者のプロフィールや行動履歴などの個人情報だけに限らず、このサービスの大きな特長となっている、RMTが可能な仮想通貨による商取引や資産運用などの金融取引が組み込まれているという点からも、広い意味でのセキュリティの問題が極めて重要視されている。

また、RMT(リアルマネートレード:複数のユーザがネットワークを通じて同時に一つの世界に参加してプレイするオンラインゲームにおいて、ゲーム内のお金やアイテムを現実世界の現金で取引すること)市場の新規開拓、セキュリティ企業など、経済効果ははかりしれない。
単なるMMORPGとはいえないものである。

(引用:IT-media News
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。