SCE 07年秋から自社製「セカンドライフ」を公開・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCE 07年秋から自社製「セカンドライフ」を公開


ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は2007年3月8日、プレイステーション3(PS3)のユーザー向けにオンライン上の3次元仮想空間「Home」を07年秋からPS3を販売している地域で順次公開すると発表した。

画像を見ると、セカンドライフに似た作りとなっている。
本家がアメリカで大人気になっているので、日本ではプレイステーションでできるという手軽さから流行すると思われる。
「Home」ではアバター(ネット上の自分の分身)を操作し、ネット上でリアルタイムにコミュニケーションすることやオンラインショッピング、オンラインゲームが楽しめるという。また、ユーザーが制作したコンテンツやプライベートな空間をPSユーザーに公開することもできる。米メディアなどでは、400万以上の登録者を持つ3次元仮想空間「セカンドライフ(Second Life)」に類似したものだと見られている。

こちらでも同じように商売可能であろうか?
本家ではクレジットカードの登録などが必要であるため成人向けであったが、ゲーム機使用ということで低年齢層が増えるが...

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。