日本版Second Life 国産仮想世界「splume」・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本版Second Life 国産仮想世界「splume」


スプリュームは3月20日、3Dアバターを使った仮想世界「splume」のベータサービスを開始した。Second Lifeなどの他社サービスと異なり、ユーザーが自分のウェブサーバ上に空間を開設し、他のユーザーの空間とつながれる点が特徴だ。

オープンベータでユーザー募集しているが画像がないためどんなものかははっきりしない。
ただ、これはセコンドライフとよく似ているシステムである。
ただし自分で作成したアバターのパーツをsplumeで利用するためには、スプリュームのサーバにアップロードし、同社の承認を得る必要がある。「データが重すぎるものや、著作権を侵害しているものがないようにするために、確認のステップを取っている」(梶塚氏)。パーツの販売についてもスプリュームに委託販売する形式をとり、スプリュームは一定の手数料を受け取る。決済はWebMoneyを利用する。

splumeの利用料金は無料。「CRブラウザ」と呼ばれる専用のブラウザを使ってアクセスする


電子マネーを使うことでクレジットカードを持てない子供でもでき、また、委託することによってゲーム内での詐欺行為も防げる。
これらはセカンドライフの弱点を改良した部分とも言える。

(引用:ライブドアニュース
関連記事
http://news.livedoor.com/trackback/3085328
Copyright © Second Lifeとは MMOセカンドライフ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。