So-net SNSにSecond Life地図を設置・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

So-net SNSにSecond Life地図を設置


So-netの無料SNS開設サービス「So-net SNS」(β版)では22日、米リンデンラボ社の3D仮想空間サービス「Second Life」上の地図をSNS内に設置できる機能「SLurl小窓」(エスエルユーアールエル小窓)を追加した。「Second Life」のAPIを利用することで同機能を実現している。

SLurlはセカンドライフで実装された、3次元URLである
インターネットにおけるURLはHPを表示するだけであるが、これはセコンドライフ内の建物を視覚的に指定できる
「SLurl小窓」は、So-net SNSで開設したSNS内に「Second Life」の気になる場所やアピールしたいお店などの位置情報を表示させることができるもの。「Second Life」の仲間と「Second Life」の枠を超えて、活発な情報交換が可能となり、同社ではこれを「セカンドコミュニケーション」と位置付けている。

具体的には、「Second Life」内の公開したい情報の座標情報などを決定した後、「SLurl.com」にアクセスし、「Build your own SLurls!」をクリックし、決定した座標情報を記述し、URLを作成する。このURLを自分が開設・参加したSNSに貼り付ければ完成となる。貼り付けられるカ所は、日記、日記コメント、コミュニティ、トピックス、自身のプロフィールとなる。


これをクリックすると、3Dのカーナビのように立体映像として建造物が表示され、付近に何があるかまでわかる
Secand Lifeの特徴のひとつである

引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000008-rbb-ent
Copyright © Second Lifeとは MMOセカンドライフ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。