セシールが「セカンドライフ」に出店、カタログや商品を展開・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セシールが「セカンドライフ」に出店、カタログや商品を展開


カタログ通販大手のセシールは、世界最大のオンライン・バーチャルワールドとして注目されている「セカンドライフ」に出店したことを3月26日に発表した。

インターネット環境で普通に通信販売しているのだからここに入るのは当然の成り行きか。
二次元でやっていたものが三次元になるのであるが、客の方は、写真で見ていた商品が立体で見ることができるのだろうか?

バーチャル店舗では、同社のコンセプトをはじめとして、カタログや商品の陳列、キャンペーン展開、アバターの提供、着信メロディなどのデジタルデータの提供を予定。IT企業や広告代理店などがあいついでオフィスを開設する中、通信販売業界ではセシールの進出が国内初となる。

現実世界でやっているように、商品棚の下のものを見るときはアバターがしゃがんだり座ったりして選ぶのかもしれない。
そう考えると不思議である...

(引用:ライブドアニュース
Copyright © Second Lifeとは MMOセカンドライフ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。