ネットエイジ、「セカンドライフ」活用事業を支援・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットエイジ、「セカンドライフ」活用事業を支援


ネットベンチャーへの投資事業を展開するネットエイジグループは2007年3月28日、3次元仮想空間「セカンドライフ(Second Life)」を活用した事業の支援を始めると発表した。

ここなどは、企業や個人起業家がセコンドライフ内で商売するのを手助けし、また、両替なども行う。それによって手数料を得るという、銀行のような展開を狙っているのかもしれない。
セカンドライフ参入支援ベンチャーのメルティングドッツと提携し、セカンドライフでのビジネス展開を考えている企業を支援する。ネットエイジは、セカンドライフの仮想通貨の両替サービスや都市開発事業に備えて1億5,000万リンデンドル(5,000万円相当)を購入するとともに、セカンドライフ内に支店を開設して情報提供などを行う。一方、メルティングドッツは、セカンドライフ内にチュートリアル施設を開設して日本語で操作方法を解説するとともに、日本人向けのアバターやアイテムを無料で配布して、日本人ユーザーをサポートする

5000万円もの大金を投入するとは、たかがゲームとあなどれないものがある。
普通の企業ならば、社運を賭けるほどの金額である。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。