ソフトバンク、「セカンドライフ」で携帯販促・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク、「セカンドライフ」で携帯販促


ソフトバンクモバイルは2007年4月12日、米リンデン・ラボが提供するオンライン上の仮想世界サービス「セカンドライフ」で、サムスン電子と共同で携帯電話のプロモーションを始めた。

通信業界は参入が早いと思ったが、意外であった。
様子見をしていたのであろうか?

。「セカンドライフ」内に「SoftBank×SAMSUNG(SOFTBANK SLIM JAPAN)」と名づけたSIM(島)を保有し、そこにバーチャル店舗を開設して、アバター(ネット上の分身)用のサムスン電子製の携帯電話を無料で配布している。

アバターが持つというのは、画面上だけのファッション的なものか、それとも何かしらの連絡手段となりえるのか気になるところである。

引用
http://news.livedoor.com/trackback/3117557
Copyright © Second Lifeとは MMOセカンドライフ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。