セカンドライフ(second life)で製作・販売されるもの・セカンドライフ(second life)という、アメリカ リンデンラボ開発の、3D仮想空間でアバター(分身)が他のアバターとチャットや商売・取引できるMMORPG風のもの。これについて情報・裏情報・攻略を探っていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドライフ(second life)で製作・販売されるもの


自分でデザインした服飾や芸術品も、自分の所有物、つまり著作権を持ったまま販売ができる。決して運営主のリンデンラボに所有権が移ることはない。


さらにゲーム内ではデザイナブルなアイテムやプログラム、ソフトウェアまでもが販売されている。これらの商品はゲーム内だけでなく、ゲームの外部ででもインターネットショップを通じて取引が行われている。


例えば、セカンドライフ内でTシャツ・服やアクセサリーをデザインし、販売。これはゲーム内でアバターが着ることができる。ここで人気のあるアイテムは90%以上の確率で現実世界でも人気が出るため、各ブランドが「販売権を譲って欲しい」と持ちかけてくることも考えられる。
Copyright © Second Lifeとは MMOセカンドライフ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。